フリーローン低金利のデメリット

バツ印のイラスト
フリーローン低金利は金利も安く、将来設計もしやすいというメリットがある一方、気をつけなければならない点もあります。
それは、審査の厳しさと審査にかかる日数(利用可能になる日数)です。
 
フリーローン低金利には、銀行系フリーローンが多いですが、金利が安くなる一方、その審査も厳しくなっているのが特徴です。
日数をかけて慎重に審査を重ねた上で金額を決定します。
銀行系は借り入れ金額も法律上の制限がないため、大きなお金を一気に必要とする人には最適ですが、すぐに少量でも融資を受けたい人には向いていません。
そのため、大至急の融資となると、消費者金融などの即融資を求める人が多くなってくるでしょう。
 
しかし、近年の銀行系フリーローンが行っているフリーローン低金利にも、即日融資を受け付けているタイプが登場しました。
逆に、消費者金融系が金利を引き下げ、銀行系となんら変わらないサービスを展開する業者も増えてきています。
お互いが歩み寄り、切磋琢磨することで、利用者は大きな恩恵を受けているのです。
 
ただし、審査期間が長くなってしまうのは、高額融資を考えると、仕方のない部分もあります。
というのも、金利は業者の利益であり、これを支払うことのできない人たちに貸し続けることは、業務の破綻を意味するのです。
金利を安くするということは、それだけ貸し出しをする人たちのボーダーラインを引きあげることになり、それがデメリットに繋がってしまうこともあります。
 
自分が置かれている状況をよく判断してから、どのタイプのフリーローンを利用するか考えるようにしましょう。


おすすめの低金利キャッシングはこちら!

このページの先頭へ